出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazonアマゾンキャンペーンは、仕掛人を儲けさせるだけなのに、懲りない人がまた・・・。

Amazonアマゾンキャンペーンは、仕掛人を儲けさせるだけなのに
また、懲りない著者が・・・

Amazonアマゾンキャンペーンで 本当に 売れました
という本は ここ 1年ないのですよ!!!


1年以上前ならかなりあったのにね。

とはいっても、
この著者も 始めての出版なんで、うまく
仕掛け人に
してやられただけのようですが。。

誰か?どの本か?って。
まあ、特定しないほうがいいでしょう。

このあいだのAmazonキャンペーンでは
Amazonランキング上位を維持し、自社の
宣伝につかいため著者自らが50万円
Amazonギフト券を購入、人をとうして自分買いされた方もいたけれど・・・。

さて、

今回のみんなでいい本だと褒めあう
Amazonアマゾンキャンペーンでは

お決まりのように
カスタマーレビュー ☆5つしかない状況
どうして、最高評価ばかりつけるのか?
いつも言っているのに、みなさん懲りない様子。

まず☆5つしかない評価は
釣りですから。

そんなわけで
読んでみたら
やはりくだらない本だった。





【電気機器】電子書籍、先行き“読めず” 専用端末・コンテンツが伸び悩み[11/06/22]
やっと気付いた「AKBに電通が絡んでる」ではなく「AKBの正体が電通」な件 その69
今年はWebサービスを作りたいと思っている人にお勧めのエントリーまとめ
A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づく なかづか日報
「日本中枢の崩壊」
DeNA_国内のアプリマーケティング手法、各プレイヤー、状況のまとめ
21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク













スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。