出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出版社から執筆の依頼をもらいたい方のために

出版社から執筆の依頼をもらいたい方のために」
といっても、
たいしたことを書くわけじゃない。

まず自費出版以外で本を出版したければ、
印税をもらって本をだしたければ、

著者 になってはいけない。
正確に言うと 著者 書き手の気持ちになってはいけないのだ。

これは小説でもいえる。

自分の得意分野で 気持ちよくすらすら書いても
自己満足であって、それは売れない。
売れない本は 出版社を赤字にするから望まれない。

ほーーーら、わかったでしょう。

かんたんなこと
編集者の気持ち・書店営業の気持ちになることが必要。

もちろん読者の気持ちも必要だが、これを重視すると
読んでいる人はほぼみなさん誤解する。
と、
いうことは あなともこの部分は誤解して読んでいるということだ。



【電気機器】電子書籍、先行き“読めず” 専用端末・コンテンツが伸び悩み[11/06/22]
やっと気付いた「AKBに電通が絡んでる」ではなく「AKBの正体が電通」な件 その69
今年はWebサービスを作りたいと思っている人にお勧めのエントリーまとめ
A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づく なかづか日報
「日本中枢の崩壊」
DeNA_国内のアプリマーケティング手法、各プレイヤー、状況のまとめ
21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク













スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。