出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかりやすいキャッチーなビジネス書は、あたるか、はずれるか

最近
よく思うのだけれど、

ビジネス書でキャッチーな
本は当たるか、はずれるかだなと思ってしまう。

えてして
そういう本は売るための仕掛けをまんべんなく
ほどこしている。

この本がそうだ。

2冊同時期発売
もちろんあえて同時期にしたのだ。

そして、
わかりにくいタイトルを
装丁でわかりやすくし、

WEBの仕掛け

「丸善丸の内店では初回入荷分が瞬殺とのこと。」という文章。
この付箋 は まさに
利害関係者の目線だ。

Amazonランキングも100位以内に食い込んできたし。

それでも
この本は読んでみたいと思わせてしまう。
だから、
わかりやすいキャッチーなビジネス書は、あたるか、はずれるかなのだ。

この本、
コモディティ化
という一言がキーワードかもしれないが。

ちなみに 立ち読みBOOKのAmazonランキング推移


僕は君たちに武器を配りたい僕は君たちに武器を配りたい
(2011/09/22)
瀧本 哲史

商品詳細を見る



気になっていた旅行系WEBサービスを比較してみた【鈴木まなみ】
年収100万円以下のパートがどういう人か分かっていて書かない人たち
たかみなのちょっと良い話がちょっとどころじゃなくて泣ける…
【スマホ】月額3000円!!スマートフォンに「価格破壊」!!「IDEOS(イデオス)」の革命
今年はWebサービスを作りたいと思っている人にお勧めのエントリーまとめ
2011年09月05日~2011年09月11日のBOOK(総合)(2011年09月19日付)
ネタバレにマイナスの効果はなし 研究で明らかに
DeNA_国内のアプリマーケティング手法、各プレイヤー、状況のまとめ
21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク













スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。