出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安部公房の評価は、文体がどうのとかいうレベルではない

安部公房は受賞寸前だった…ノーベル委員長語る
といまさらいわれても彼は他界している。

意外なのは三島由紀夫の評価だ。

たぶん現代日本の作家ではいないだろう。ノーベル賞は。

私小説に はいればはいるほ可能性は低くなる。

なぜって 谷崎氏や川端氏ほどの私小説ではないからだ。

それでも海外の文学も似たり寄ったりかも知れないが

ところで、安部公房を、文体がどうのと言う人もいるが
もはやそのレベルの文学ではないということを理解したほうのがいいかもね。

砂の女 (新潮文庫)砂の女 (新潮文庫)
(2003/03)
安部 公房

商品詳細を見る


箱男 (新潮文庫)箱男 (新潮文庫)
(2005/05)
安部 公房

商品詳細を見る


第四間氷期 (新潮文庫)第四間氷期 (新潮文庫)
(1970/11)
安部 公房

商品詳細を見る
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。