出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステーキけんの社長がこんなこと言っちゃいけません。本は合格点だったのに。。

ステーキけんの社長がこんなこと言っちゃいけません。
といっても
どんなことだかわからないよね。

詳しくは
″ステーキけん″井戸実社長のツイートに批判殺到 ひろゆき氏も″宣戦布告″

つまるところ
Twitterで
「俺はニートが道路を歩くのがムカつくって言ってんだよ。納税しないなら道路歩くな」
などと発言したらしい。
これで
品のなさを表明し、かつステーキけんの売上にもひびくんじゃないかと思うのだけど、どうよ?

まあ、人のことだからどうでもいいけれど、
この本が最初にしては合格点だったから
ちょっとがっかり。

まあ、経営者の方は 著者名にその方の名前はあっても
本はご自分で書かない方が多いのでその手の本かな。もしかして。



「ロードサイドのハイエナ」流 コスト1/5のムダ0(ゼロ)経営術 (ワニブックスPLUS新書)「ロードサイドのハイエナ」流 コスト1/5のムダ0(ゼロ)経営術 (ワニブックスPLUS新書)
(2009/12/08)
井戸 実

商品詳細を見る


ちなみに
その前のステーキけんの記事
『ステーキけん』専務が帽子もせずスーツのまま肉を調理 / しかも調理台に肉をジカに置いて物議「やばいでしょこれ」

さらによく見ると
この本もAmazonカスタマーレビュー
見下している とか

接客で、非常に嫌な体験あり、
この本の【品の悪さ】、鼻に付きました。 ーーとか酷評
本の内容位外で。なのでした。

若くて成功しちゃったから
自慢したかったんでしょう。
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。