出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazonカスタマーレビューの

カスタマーレビューのエンタメ化は、Amazonのあたらしい魅力になるか
という記事があるブログにあったけど、
好意的な内容ならエンタメ化というのはありえるけれど、
そうでないと少しやばいような気がする。

KAGEROU という小説がカスタマーレビューのエンタメ化に火をつけたといってもいいが、
マイナスの評価は少し酷な気がする。
そのカスタマーレビューは面白い。

「文章表現は割とまともだ。だがまだまだ洗練されていない。
テンポの悪さ、説明くささ、比ゆ表現のくどさ。
そういったものが見られ粗い印象を受ける。
さらに、「矛盾や不自然な点をなくすこと」がどれだけできているかが
プロとアマの境界線でもあるが、残念ながらそれができていない(レビュー引用)」
とか
「三人称で書かれているけれど、語り手の「視点」はまるで一人称のようです。(レビュー引用)」
は確かにいただけない。

じっさい読んでみても
あるべきレベルには達していない。

カスタマーレビューが購入の基準なら
エンタメ化は難しいかもしれない。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。