出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説新人賞をとるために重要な「文」にかんする4つのこと その(2)

小説新人賞にもさまざまなものがあるけれど、
ライトノベルの一次選考者でも、メタフィクションとか入れ子構造。
具象から抽象へとか、行動描写
次のシーンへの移動の始点にしたほうのがうまくみえるとか
基本的なことは 認識レベルの差こそあれ理解している。

これは
ライトノベルしか読まない人は
ライトノベルの一次選考者 には なれない ことを意味する。


それらの選考者が読んでふるいにかけるということから
いえば、たとえ、ライトノベルの作者でも、
ライトノベルというくくりからはみ出る
小説世界の何かが求められていることは理解できると思う。

ライトノベルの作者であったとしても
広く小説を読まなければ
一流にはなれない。

小説を読まないで
小説を書いているある有名作家がいるのだが、
作品は売れてはいるものの、
もはや 運に助けられたレベルで
読むに 耐えないという読書体験をしたことがある。

多くを読まなければ
まともなものは 書けないのだ。


読んだ本から
得るものは

「文」に関しては
描写 と つなぎ方 そして時間軸と文脈
この4つとなる。



決して文体ではない!


そして書き進めていくうちに
構成 という山にぶちあたる。

だが、多くの小説読書体験をしてきたものなら
この山はのぼりやすい。

この山を登りきったところには
素晴らしい未来が待っているはずだ。



あらゆる小説は模倣である。 (幻冬舎新書)あらゆる小説は模倣である。 (幻冬舎新書)
(2012/07/28)
清水 良典

商品詳細を見る

文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)
(2000/01/14)
筒井 康隆

商品詳細を見る



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。