出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50万部超の本の売れ方というのは、Amazonランキング推移だとどんなグラフになるのか?

いやー 売れております。

それでもって、直木賞の授賞式後の記者会見に
タミヤのTシャツ、いわゆるタミティーなんか着て登場し
ゴールデンボンバーのファンなどと言ったものだから
テレビに露出する機会が増えて
さらに 売れる


日本では本は話題で売れるから
売り方がうまいともいえる。
今年1月発売で7月17日直木賞前までの発売部数は13,500部

7月17日直木賞発表

7月17日~8月26日でその36倍も売って
累計50万部にもなったという

下世話な話だけど
1470円x500,000部x10%
だととすると
これだけで
7,350万円の印税収入になってしまう。

なんの控除もなければ
3,000万円くらいの税金
になってしまいます。

すごい数字です。

そこで本の50万部超の売れ方というのは
Amazonランキング推移だと、どんなグラフになるのか
見てみた。

立ち読みBook 参照だけれど、
どうやら 立ち読みbookではランキングが15日単位
で分断するしくみらしいので
各グラフを見てください

これがベストセラーアマゾン ランキング推移グラフです。↓ クリック

まずは7月31日~8月29日「ホテルローヤル」 桜木 紫乃 Amazonランキング推移 グラフ

7月17日直木賞発表なので7月18日~7月30日「ホテルローヤル」 桜木 紫乃 Amazonランキング推移 グラフ





ホテルローヤルホテルローヤル
(2013/01/04)
桜木 紫乃

商品詳細を見る
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。