出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国メディアによる日本人の騙し方

CNNとか
NewYorkTimesとか
インデペンデントとか、BBCとかの海外のニュースを読むと
今日のアジアのニュースなら
中国の第18期中央委員会第3回総会(3中全会)とか
フィリピンの台風被害とかがメインで
日本はほとんど登場しない。

じっさい、こんな感じがずっと続く。

「日本」は ニュースのネタにならないのだ。

それでもアメリカなら日本に興味を持っているが
ヨーロッパだとそれさえもメディアでは感じない。

ところで、
朝鮮日報日本語版コラム/朝鮮日報が【コラム】日本を見る目、世界が馬鹿なのかというコラムを書いたために自虐を見せたとか、自覚したとか謙虚になった
という日本人のブログコメントがあるが、



韓国人、ついに中韓が世界から孤立している事を自覚し始める!!!! 朝鮮日報コラム「集団的自衛権に反対しているのは中韓しかない印象だ」

世界が韓国から孤立!「世界が日本の集団的自衛権を容認」「パク・クネは強硬すぎる」「世界は韓国を国際的な約束を覆す国と認定」


朝鮮日報韓国語版を自動翻訳で読むと、それに類する記事などみあたらない。
コラムの掲載が11日までだからかもしれないが、
韓国語版では
朴大統領に会いに来たプーチンの非礼
というのがTOPで、
あいかわらずの姿勢をつらぬいている。
そして、こんな自虐記事はみあたらない。
どこにあるのだろうか? と探すほどだ。

こんなふうに日本語版では
本国版と違うことを書く。

まちがいでなければ
韓国メディアらしいと感じてしまう。


何事も裏をとったほうがいい。

SAPIO (サピオ) 2013年 12月号 [雑誌]SAPIO (サピオ) 2013年 12月号 [雑誌]
(2013/11/09)
不明

商品詳細を見る




韓国メディアによる日本人の騙し方
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。