出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国で売れている長編小説『安重根(アン・ジュングン)、安倍を撃つ』

今年8月に韓国で出版されて有名になった
キム・ジョンヒョンの『安重根(アン・ジュングン)、安倍を撃つ』
では安倍総理が暗殺されて
万歳を叫ぶという小説だが、
これを絶賛した朝鮮日報の記事は削除されて
何もなかったかのように日々がすぎている。

そのくせ、

韓国の検察当局は、産経新聞前ソウル支局長
に朴槿恵大統領に対する名誉毀損の冤罪をきせるべく
出国禁止を科している。

その内容を検証すれば
一目でわかるが
キム・ジョンヒョンのほうが名誉棄損そのものだ。

朝鮮日報日本語版には
「今この時代、誰かが安倍首相を撃とうと武装闘争を試みても、それは難しい。だから安重根を復
活させた。安重根でなければ意味がない状況だ。この年齢で、どうしてあえて空想小説を書こうと
するだろうか。書かざるを得ない状況ということだ(引用)」
とあったが、
本当にそう思っているとしたら
救いようがないように思うのだが。

大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)
(2014/09/24)
桜井 誠

商品詳細を見る


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。